So-net無料ブログ作成
■おめしもの関連の本■ ブログトップ

「着物のマナーお手本帖」 [■おめしもの関連の本■]


着物のマナーお手本帖

着物のマナーお手本帖

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2008/10/15
  • メディア: 単行本


着物姿をよりステキに見せるための「和」のマナーやしぐさの本。

「着物を着ているときに地面のものを拾うにはどうやったら綺麗に見えるか」等、着物を着る人のちょっとした疑問についてイラスト入りでアドバイスをしてくれている。ショールの掛け方・外し方については書いてあるが、一般の着物の着付けは掲載されていない。

この本の対象者は、「帯の締め方までマスターして実際に着て出かけるという段になり、こういうときはどうしたらいいの…」と思うようになった人くらいかも。おそらくそういうちょっとしたことは、本来なら周囲の年上の人に習っていたが、晴れ着以外にきものを着る人が減ったため伝わらなくなっているので書かれたのでは・・・と思われる。

特に「訪問のマナー」や「懐紙の使い方」は、具体的で、興味を持って読めた。



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑ 更新の励みになります。ポチっと1クリックお願いいたします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

「色っぽいキモノ」 [■おめしもの関連の本■]

 この本は、きものを着るようになって着付け本などを見るにつけ、
ずっと感じていた違和感について、少し解消してくれた本。
 着物雑誌で誰かが描いていたけど、
「ガッチリ補正、色気なし!!」という着物姿でなくてもいいと思わせてくれる。

色っぽいキモノ

色っぽいキモノ

  • 作者: 井嶋 ナギ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2006/10/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 「確信的チラ見せファッション」「着物でからだのラインを魅せよ」
「色っぽくキモノを着こなすためのヒント」といったフレーズからも
コンセプトが感じられる。

 花魁やら芸者やらの話がかなり出て来るので全部マネするというものでは
ないけれど、いわゆる着付け本には出てこないような話も楽しめる。また、
たくさんの浮世絵や写真を見ることもできるので、
現代の筒型に補正した礼装用着付け以外を目にすることもできる。



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑ 更新の励みになります。ポチっと1クリックお願いいたします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

「長じゅばん 和ごころを楽しむ日本のお洒落」 [■おめしもの関連の本■]

 ここのところ、長襦袢にアタマが行っていたので
こんな本を図書館で借りてみました。

 長襦袢って、実際のところ、どんなものがあるのだろう・・・と。 


長襦袢―和ごころを楽しむ日本のお洒落

長襦袢―和ごころを楽しむ日本のお洒落

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 青幻舎
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 文庫


 この本は、昭和30年代の初めから昭和が終わろうとする頃までの型紙から選ばれた、
友禅の技術を持つ職人さんたちが作った襦袢地(下絵)の写真を集めた文庫。

 前半のオーソドックスな、でも様々な花柄や、
後半の、ちょっとユーモアあふれる絵柄や、ちょっとドッキリしちゃう絵柄まで。
「へえぇ、こんな柄があるんだ」とか、
「こういうのあったら欲しいなあ・・」と思いながらパラパラめくるのが楽しい本です。

 きもの初心者なら、きものの紋様の、
独特の呼び方を覚えるためにパラパラやるのもいいかも。


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑ 更新の励みになります。ポチっと1クリックお願いいたします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

「着物に合わせる洋小物 」 [■おめしもの関連の本■]

 写真満載で、洋服用の小物を着物に合わせる方法を教えてくれる本。
また、すでに実践している人が直面する小さな問題を
解決する方法なども教えてくれる。

着物に合わせる洋小物

着物に合わせる洋小物

価格:1,470円(税込、送料別)



 実例を見せてくれるので、「あ、この感じ、けっこうイケルかも」と
実感させてくれる。また、タビックスを塗りの下駄に履くときの「滑り止め」方法や、
小さすぎて帯止め金具が使えないブローチを帯留として使う方法、
ネックレスを根付がわりに使うときの方法など、細やかな工夫も教えてくれる。


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
↑ 更新の励みになります。ポチっと1クリックお願いいたします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

「暮らしのきもの手帖 」 [■おめしもの関連の本■]

 今回も本のご紹介。「暮らしのきもの手帖 」。

 いわゆる「着付け本」ではない、きもののおしゃれに役立つ知識満載の本。

暮らしのきもの手帖

暮らしのきもの手帖

価格:1,575円(税込、送料別)



 着付けよりも、季節に合わせた装いやメイクとメイル、それに小物や
しぐさ、お手入れの仕方や和のハンドメイドまで載っている。これ1冊あれば、
初心者から中級者まで楽しめると思う。私も実際これまで約30冊の着物本を読み、
ネットでいろいろ調べたが、それらのことがギュッと1冊に詰まっていて驚いた。

 細かいところも押さえていてかなりおススメ。
「ペットがいる家で着るきもの(素材的に毛がつきにくいもの)」や
「雨の日の帰宅後に行うこと」等。
 ただ、対象年齢がどうやら20代くらいらしく、
「ガーリーメイク」や「乙女」といった言葉には参りました。
あと、ここまでビカビカのネイルは、きものだし、
もう年齢的にキツイなあ…と思いながら読みました(苦笑)。
 キツくない人にはぜひ(笑)。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
↑ 更新の励みになります。ポチっと1クリックお願いいたします。


「きもののお手入れ&お直し 決定版」 [■おめしもの関連の本■]

 前々回に引き続き、今回も本のご紹介。
同じ出版社だし、タイトルのつけ方も、ちょっと長いのも同じだし、で
姉妹版といっていいんじゃないかと思うのだけど、これ。 ↓

 『 「きもののお手入れ&お直し 決定版 」
   ―たたみ方から古よれ着物の再生術まで、まるごと全部わかります。 』

きもののお手入れ&お直し

きもののお手入れ&お直し

価格:1,680円(税込、送料別)



 箪笥に眠らせている、着たいけど着られないきもののお直し。
あるいは、チョコケーキを落としたりジュースをこぼしたり、
襟まわりにファンデをつけてしまったりした場合などの日常のお手入れ。
こういった、いざきものを着ようと思った時にアタマの痛い問題についての本。

 染め替えや草履の修理といった職人さんに出すもの系は、
実例を値段とともに載せてくれる。
「ふ~ん、これをやろうとしたらこんな値段になっちゃうんだ」と参考程度に見るもよし、
諦めきれないきものを実際にお任せするもよし。

 日常のお手入れ系は、写真でやり方を順を追って見せてくれるのでわかりやすい。
手元に1冊あると、困ったときのお助け本になるかも。


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
↑ 更新の励みになります。ポチっと1クリックお願いいたします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「自分でできるきもののお手入れ&お直し」 [■おめしもの関連の本■]

 今回は本のご紹介。
タイトルがちょっと長いのだけど、これ。 ↓

 『 「自分でできるきもののお手入れ&お直し」
   ―和裁知識ゼロでも、ぶきっちょさんでもできます! 』

自分でできるきもののお手入れ&お直し

自分でできるきもののお手入れ&お直し

価格:1,680円(税込、送料別)



 普段きものを始めたひとがいろいろな場面で感じる、
「これってどうにか自分で直せないのかな・・・」に答えてくれる本。

 私の場合、急にタンス2棹分ほどのきものを譲り受けたので
全部を和裁士さんの「お直し」に出していたら破産してしまうと、
ちょこっとお直しは自分ですることに決めていたのです。(礼装系は除く)

 しかも、「むむむ。これ、捨てちゃうのは惜しいけど
このままでは締められないなあ」というようなちょこっと難ありの帯とかもあったので、
捨てるよりは、とレースのモチーフを縫いつけちゃったり。
あるいは、このウールの単衣、ちょっとシミがあるんだけど、
上から目立たないようにダイロンで染めてみちゃったり。

 たぶん、3年前に上記の本があったら
「あ、やっぱり同じようなこと考えて自分でやっちゃうひといるんじゃない」と
ずいぶん安心できたはず(笑)。

 内容は、いろいろな「きもの関連のお直し」等を写真つきで順次
解説しながら見せてくれるので、和裁の知識が無くてもOK。

例えば、
 ●裄直し  :袷・長襦袢・単衣(それぞれ別に解説)
 ●創作お直し:刺繍やリボンの縫い付けで諦めていた帯を復活させたり
 (これ、2年前に自分で「こんなことやっていいのかな…」と思いながらやったわ)
 ●ミシンで「あるといいな」を作ったり
       :付け帯・裾よけ・ステテコ・割烹着
 ●単衣のきものの解き洗い

 この3年で「やりたいな」と思ったちょっとしたお直しで
載って無かったのは、羽織の裄直しくらい。
 手を動かすのが好きなひとは、見ているだけでも楽しいかも。



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
↑ 更新の励みになります。ポチっと1クリックお願いいたします。


■おめしもの関連の本■ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。