So-net無料ブログ作成

■■平成の、普段きものへの回帰■■ 『サザエさん』に学ぶ [きもの絵日記●ファッション●]

 前回の●きもの絵日記●で取り上げた、
きものから洋服への過渡期の、サザエさんのファッション。
http://hudankimono.blog.so-net.ne.jp/2011-03-16-1

 やっぱり、生活の中にきものがあるって
こういうことなのね・・・と思わせてくれました。

 ・・・うん、洋服は持っていても、気軽に手に入る履物は下駄で、
気軽に手に入る、「赤ちゃんを凍えさせないようにする上着」も
ねんねこ、で。

 じゃあ、生活の中にある衣服や小物の大半が洋服・・・という、
今の時代の私たちは、この逆もありなんじゃないかなあ。

 たとえばワタクシ、去年あたりから
「きもので帽子」を実践するようになったのですが。

 祖母や母の「礼装系きもの」あるいは「茶道系きもの」を見なれていた私にとって
それは、けっこう勇気が要る行動だったのです。正直、若い頃に
祖母や母に着せて貰ったきものって、”くずし”が無かった。
せいぜい、髪型がロングでもアップじゃないくらい。でも、それも若い人の特権みたいな感じ。
昭和後期のきものの着方って、こうでしたよね。(って、それ以降しか知らないのですが)

 だがしかし。

 去年早々に気管支炎を患ってしまい、その後も床上げはしたものの
「冷えるとセキが止まらなくなってしまう」という状態になってしまった身の上としては、
「アタマから冷やすわけにはいかない」と、きもので帽子という、”くずし”を敢行。

 ・・・だって、今さら「姉さんかむり」で外出するわけに、行かないですもんね(笑)。

 思えば、こういう着方って、
「きものは特別なときに着るもの」というアタマから、
「きものを普段着として着る」という発想の転換があったからこそ、必要になったもの。

 「普段着としてきものが着たい」というキモチが、
普段着として着るゆえの不便(今回は、「アタマが寒い」)を解決しようとした結果、
普段から使っている気軽で便利な洋服用の物をきものにも使おう・・・ということになったわけで。

 これって、前回のサザエさんの恰好の逆ですね。

 生まれた時から洋服で、でもちょっときものも気になる・・・ときものに戻ってきて。
そうすると、身近にたくさんあって馴染みのある小物を、
本来の使い方からすると違和感があるかもしれないけど、使っちゃおう、と。

 前回の場合はこの逆で、
サザエさんは洋服だったけど、身近にたくさんあって馴染みのある小物は
下駄や足袋、ねんねこだったので、普段着としては使っちゃってました。
・・・気合いを入れてオスマシしたお洒落をしたときは、そういうわけにいかず困ってたけど。


 というわけで、礼装ではない普段着きものなら
気軽に手に入る洋小物DEきもの、アリだと思うのです。

 なので、前回のイラストをいじって
逆バージョンの今回のイラスト、描いてみました。 ↓

上を向いて歩こう(帽子).jpg



 ・・・春が、来ていますね。

 出来れば、もっと北にも、出来るだけ早く。

 

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑ 更新の励みになります。ポチっと1クリックお願いいたします。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 1

コメント 2

のりっち

同感です。
普段に着る着物はもっと自由であっていいはずですよね。
わたしも早くそうなりたいです。
by のりっち (2011-03-23 11:41) 

けい(K.O.K)

>のりっちさん

 コメントありがとうございます。
「やっぱりこういうのは少数派なのかな?」と思ってましたので
励まされました~。
by けい(K.O.K) (2011-03-23 12:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。